内容にスキップ ナビゲーション メニューにスキップ

RENEWAL

GPC-250GR

ギガパワーガスCBイソ

GigaPower Fuel CB Iso

¥280 (税別) 獲得ポイントを見る
レギュラーカード会員   6pt
シルバーカード会員   9pt
ゴールドカード会員   15pt
プラチナカード会員   18pt
ブラックカード会員   21pt
サファイアカード会員   24pt

ギガパワーガスCBイソ

数量を選択

合計   ¥5,000  以上で送料無料

送料 - 配送について

Feature

特長

ストーブ&ランタンの性能を最大に導くギガパワーガス

スノーピークのギガパワーシリーズの燃焼器具の性能を最大限に引き出すガス燃料です。ゴールドカラーベースのプロイソシリーズとシルバーカラーベースのイソシリーズの2種類のブレンドガスを用意しております。燃焼器具に応じたガスをセレクトして安全にお使いください。

各燃焼器具によって使用できるガスカートリッジが異なります。上図の一覧表でご確認の上、適応するガスカートリッジをご使用ください。

※1 付属のアダプターを使用することで使用可能となります。 ※2 銀缶(GP‐110S、GP‐250S、GP‐500S、GPC‐250S)は、正立使用の場合、配合ガスの特性により低温時の出力低下が大きいため、気温20度以上を目安にご使用ください。低温が予測される場合は金缶をご使用ください。

正立装着

ガスカートリッジを正立して装着する燃焼器具は、ガスカートリッジの下方に溜まっている液化ガスが缶内から気化して噴出する際に熱量を要するために、燃焼時間に合わせてカートリッジ本体の温度が下がりやすく、燃焼力が落ちたりランタンの場合は光量が落ちる現象が起こりえます。

倒立装着

ガスカートリッジを倒立させて装着する場合、液化ガスを液体のままガスカートリッジから取り出すシステムなので、気化熱によるガスカートリッジの温度低下が少なく、最後まで安定した燃焼が続きます。ストーブは高出力を維持します。

ガスの種類と特性

【Propane(プロパン)】

沸点は-42.1°Cで3種類のLPGの中で最も低く、-40°Cでも着火が可能です。3種類の中で蒸気圧が最も高いため高出力で燃焼させることができます。反面カートリッジの内圧が非常に高くなるため、混合率には限界があります。

【Iso butane(イソブタン)】

沸点は-11.7°Cでノルマルブタンより低く、-10°Cでも着火が可能です。蒸気圧はノルマルブタンより高いため安定した出力で燃焼し続けることができます。

【Normal butane(ノルマルブタン)】

沸点は-0.5°Cで3種類の中で最も高く、氷点下での正立システムには不向きです。カートリッジ内圧が一番上がりにくいため、3種類の中では最も安全性の高いガスです。

Related Producsts

関連製品

Spec

仕様

ギガパワーガスCBイソ


  1. 特長

    炎にこだわるスノーピークは、ガスにもこだわる。ガスは燃焼器具のパフォーマンスを引き出す、重要な存在です。各器具に合わせた専用缶を、必ずご使用ください。


  2. 仕様

    ●LPG(液化イソブタン・液化ブタン) ●NET:250g